新幹線でのおてふき広告


パンかサンドイッチかお弁当か、何かそんな食べ物を買ったらついてくるお手拭き。
月桂冠大吟醸の広告がもれなくついていました。

前に小山登さんが自分のかばんもちやセミナーの広告を、新大阪発のタクシーに広告を出した話を何かで読みましたがこれは結構納得。さらに小山さんの説明チラシはマンガで社長島耕作の弘兼憲史さんに描いてもらっていて、私などはとりあえずみましたし読みましたし、今書籍買ってますしなどなど。

なのでここは大吟醸でもいいんですが、書籍系かセミナーか、単価取れそうなものだと結構いい気もします。
新幹線の本数考えて社内でもいいですし、ターゲットも結構即してそう。何となくでなくここまでセグメントは結構大事だったりもします。

関連しているブログ記事一覧