本を読むことについて

最近のブログを見ていると書評ブログになってますが、本をとにかく読んでます。永遠の0を書いた百田尚樹さんは本を書くとき関連書籍200冊~300冊読むそうですが、それくらい頭に入れないと何か出てきません。 ところで、メラビア

堀江さんの今後のこと

本を読むときにはあまり悩まずに買うことが多いです。 悩むなら買う、と決めてるので何となくですぐに買いますが、買うとなかなか興味深いこともしばしば。堀江さんの本で「金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの

英語だけできる残念な人々

 ■英語だけできる残念な人々 英語なんですが、英語できても英語だけでは意味がないわけで、ということです。時おり日本語でも専門用語が多いと相互理解が難しいことがありますし、美味しい料理だったりきれいなものだったり、ちょっと

信汗不乱

信汗不乱、また変わった四字熟語ですが元オリックスの仰木監督が言った言葉だそう。 仰木監督といえば、プロ野球界でも有名な名伯楽。仰木監督の教え子には野茂やイチローなどがいますが、こういった言葉を選手にも徹底的に教え込んだそ