noindex


noindexとは、メタタグの一種で、サイト内の指定したページを
グーグルなどの検索エンジンにインデックスさせないために使います。

そのためnoindexを指定すると、検索結果には表示されなくなります。
あまり意味の内容に感じるかもしれませんが、適切に使うことで、
不要なページや未公開のページをnoindexすることで、サイト全体の価値を上げることができます。

noindexを指定するとすれば、テストでアップしたページやコンテンツの内容が不完全な状態のページなどです。

低品質なページでサイトに必要がないページは、noindexを使うより、削除したり、コンテンツ内容の品質を上げることが好ましいです。

ただし、404エラーページなどは、コンテンツ内容が充実したものではありませんが、ページが見つからないということを示すには必要なので、
noindexをかけて残しておいたほうがよいでしょう。