2カラムレイアウト、3カラムレイアウト

2カラムレイアウト、3カラムレイアウトですが、カラム=段組み のことです。
レイアウトには2カラム、3カラム、があります。

4カラム、5カラムもあると「文字ちっちゃ、狭!」となるのであまりありません。
いろんなサイト見ても、今はレスポンシブデザインなので、2カラムレイアウト、3カラムレイアウトがほぼです。

1カラムなんてのもありますが、今はスマホメインなので、1カラムか2カラムが多いのではないでしょうか。
パソコン2カラムで、画像が下に回りこんで直列に並ぶようなイメージです。

しっかりマスターしたいと思います。

東日本大震災10年の話

10年ひと昔といいますが、個人的にはもう10年かという印象です。

10年前は勤務していた新卒から勤務していたコーヒーメーカーで営業をしていて、震災時は大阪で勤務していたので、直接の影響はないだろうと感じていましたが、ペットボトルのキャップを生産している工場が東北だった事で一時ボトルコーヒーが生産出来ないといった事態に陥りました。

対岸の火事かなと思っていましたが、どこかで必ず繋がっているもので、自分自身も災害時に対する備えは普段からしておこうと思ったものでした。

10年経ち、現在はコロナウイルスが世界中に蔓延して、大変な事になってますが、こんな状況下でも自分達が出来る事をしっかりやるって事が使命と実感しております。

災害時にこそ自分が出来る事を見つめなおして、助け合いをしていこうと思いました。

また明日です。

 

 

WEB広告の話(Google広告編②)

3月10日ですね。ゴロがいいので今日はなんの日か調べてみたところ、『砂糖の日』、『ミントの日』、『名古屋コーチンの日』らしいです。

 

あとは『見通しの日』らしいです。

個人的には見通しの日が好きです。また本日は晴れてるので、見通しが良いって思ってしまいます。

 

本日はWEB広告の話Google広告の仕組み編です。

昨日の続きでどんな仕組みで、どんな設定が出来るのかを投稿します。

まずは下記手順で進んでいきます。

 

1.目標を設定

メール、電話問い合わせ件数の目標設定します。

2.広告の掲載地域を指定

広告が表示されるエリアを設定します。

3.メッセージを作成

広告に表示されるテキストを記載します。

4.予算の上限を設定

広告にかけれる費用を設定します。

 

出典元:Google広告公式サイト

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/how-it-works/

 

見たところ、割と広告打つ目的、予算、地域が決まってたらここまでは簡単にすすみそうですよね。

明日以降はこの先に進んでいきます。

また明日です。

WEB広告の話(Google広告編①)

本日はGoogle広告についてです。

Google広告ってよく聞くけど、実際ってどんなものかという投稿と実際どんな仕組みになっているかを投稿して参ります。

 

 

第一回はGoogle広告の概要です。

まずはこちらでご紹介します。

出典元:Google広告公式サイト

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

ザクっと読んでみて、Google広告は予算に応じて、YouTubeやGoogle関連のアプリに広告が打てるものです。

しかも地域、顧客等細かな設定がが可能です。

ではどんな仕組みでこの細かな設定が出来るのかを明日以降で投稿して参ります。

また明日です。

WEB広告の話(ディスプレイ広告深堀り編③)

本日はディスプレイ広告の2大ネットワーク編です。

昨日までディスプレイ広告のメリット、デメリットでしたが、本日はどのような広告があるかを投稿します。

 

大きく分けて下記の2つです。

①Googleディスプレイネットワーク

 

Googleディスプレイネットワークは、Google関連のWEBサイトに広告を配信できるディスプレイ広告のネットワークで、GDNと呼ばれます。YouTubeやニュースサイト、またはアメブロなどの広告枠に配信が可能です。

②Yahoo!ディスプレイアドネットワーク

 

Yahoo!関連のサイトに広告を掲載できるのが、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)です。Yahoo! JAPANのほか、Yahooニュース、YahooメールなどYahooの提携サイトに広告を配信できます。

 

出典元:ディスプレイ広告とは?リスティング広告と効果的に使い分けよう

https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00050.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81WEB,%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

よくYoutubeとかで見る広告はGoogle広告、Yahoo!等で見る広告はYahoo!広告打てば、出稿出来ます。

明日以降はその方法を投稿して行きます。

また明日です。

 

WEB広告の話(ディスプレイ広告深堀編②)

本日はディスプレイ広告を打つ際のデメリットを投稿します。

 

大きく分けて3点です。

①リスティング広告よりCVRが低い

②効果測定や分析が難しい

③広告費の消化ペースが速い

 

出典元:ディスプレイ広告とは?リスティング広告と効果的に使い分けよう

https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00050.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81WEB,%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

ものごとは何でもデメリットはありますが、広告の打つ際の参考になりますよね。

明日はディスプレイ広告にはどんなものがあるかを深堀りしていきます。

また明日です。

WEB広告の話(ディスプレイ広告深堀り編)

本日はディスプレイ広告を打つメリットを投稿します。

 

大きく分けて4点です。

 

①潜在層にアプローチでき、商品の認知拡大ができる

②画像や動画を使えるので目にとまりやすい

③リマーケティング(リターゲティング)が可能

④クリック単価が安い

 

出典元:ディスプレイ広告とは?リスティング広告と効果的に使い分けよう

https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00050.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81WEB,%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

改めてみるとメリット一杯ありますね。

明日はデメリットも記載します。

また明日です。

天神橋筋商店街の話

先程昼休憩中に天神橋筋商店街にランチに行きました。

天神橋筋商店街は日本で一番長い商店街だそうで、クレアネットから歩いて5分程の場所にあります。

この商店街はなんといっても個性豊かな店舗がいっぱいで、本当に飽きません。

商店街の中には、大阪天満宮もあります。

ちなみに大阪天満宮のサイトはクレアネットで制作させて頂きました。

大阪天満宮

 

そんな天神橋筋商店街にも春が来ました。

 

大阪天満宮近くは桜も咲いてました。

 

先程雨が降ってましたが、雲の隙間から日差しが差し込んでました。

この現象っていい事が起こる前兆のようです。

良い事がありそうですね。

また明日です。

WEB広告の話(リスティング広告との違い編)

33といえば長嶋茂雄さんの背番号を思い出します。

御年85歳らしいです。

まだまだ健在で何よりです。

本日はWEB広告の話に戻り、ディスプレイ広告の話です。

リスティング広告との違いの投稿です。

 

 

まずはこちらの記事をご覧ください。すごくわかりやすいです。

出典元:ディスプレイ広告とは?リスティング広告と効果的に使い分けよう

https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00050.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81WEB,%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

簡単に言えば、ターゲットによって使い分けるって事ですね。

リスティング広告は購入意欲が高い方がターゲット。

バナー広告は潜在的に意識がある方がターゲット。

Googleで何か検索した後に関連したものがよく広告で出てきますものね。

使い分けする事でコンバージョンに繋がるんでしょうね。

明日以降こちらをもっと掘り下げていきます。

また明日です。

 

 

 

ひなまつりとWEBの話

本日はひなまつりでしたね。

姪っ子からLINEでひな祭りの写真が送られてきましたので、崩していた体調も回復して参りました。

本日はせっかくですので、ひな祭りに関する投稿をします。

 

昨年の2月からコロナが世界中で蔓延し、アメリカでは現在50万人以上が亡くなったそうで、日本でも志村けんさん等をはじめ、多くの方が亡くなっております。

そんなコロナの渦中で様々な生活の変化を余儀なくされてきましたが、ひなまつりも例外ではありません。

毎年、バレンタインやホワイトデー等様々なイベント時期には百貨店、スーパー等の売り場では商戦が繰り広げられてきましたが、密集する事がご法度となった現在では特設WEBサイトからの発注し、店頭で受けるという形が生まれたようです。

出典元:三越伊勢丹公式サイト

https://www.mistore.jp/shopping/feature/foods_f/r_foodie_67228.html

店頭で選ぶ際の密集や人の接触を避ける事が出来、なおかつ商品を選べる選択はそのままという非常にメリットのある販売方法かと思います。

コロナでの副産物ですが、こんな発想は大好きです。

脱皮しない蛇は死んでしまうように、時代、環境に合わせて発想豊かに変化していく事は必須ですね。

常に進化、常に成長って意識は今後も持ちつづけようとこのサイトから学ばしていただきました。

また明日です。