WordPress の固定ページのリビジョン機能


WordPressには「リビジョン」という、元の状態に復元できる機能が実装されています。

編集に失敗して、いざというときに復元したいい場合役に立つときがあります。

編集前の状態に戻すには、投稿ページにあるメニューの公開にあるリビジョンを選択、
そこで、戻したいバージョンの記事を選択するだけです。

デメリットとしては、
リビジョン管理をするとデータが増大してしまうことです。
リビジョンの管理に制限がなくどんどん作成されてしまうので、データを圧迫してしまう可能性があります。

データを圧迫したくないという方は、
リビジョンを無効にすくことも可能です。

無効にするには、
wp-config.phpに記述してあげればOKです。

保存するリビジョン数を制限したい場合は以下を記述します。