WEB広告の話(リスティング広告との違い編)


なにわのマットマレンウェッグです。

33日目です。

33といえば長嶋茂雄さんの背番号を思い出します。

御年85歳らしいです。

まだまだ健在で何よりです。

本日はWEB広告の話に戻り、ディスプレイ広告の話です。

リスティング広告との違いの投稿です。

 

 

まずはこちらの記事をご覧ください。すごくわかりやすいです。

出典元:ディスプレイ広告とは?リスティング広告と効果的に使い分けよう

https://drm.ricoh.jp/lab/glossary/g00050.html#:~:text=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81WEB,%E5%BA%83%E5%91%8A%E3%81%A8%E3%82%82%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

 

簡単に言えば、ターゲットによって使い分けるって事ですね。

リスティング広告は購入意欲が高い方がターゲット。

バナー広告は潜在的に意識がある方がターゲット。

Googleで何か検索した後に関連したものがよく広告で出てきますものね。

使い分けする事でコンバージョンに繋がるんでしょうね。

明日以降こちらをもっと掘り下げていきます。

また明日です。

 

 

 

staff

x$^Mn(hcjcODoMJub2otlfrm