WEBライティングの話(検索エンジンとの関係)


なにわのマットマレンウェッグです。

22日目です。

 

本日はWEBライティングの話(検索エンジンとの関係)編です。

ブログ等記事を書く際に趣旨があると思います。

趣旨とは文章で一番読み手に伝えたい事です。

私はわかりやすい文章を書くには『趣旨を簡潔にわかりやすく』という事も大事ですが、個人的に一番大事なのは『どのタイミングで出すと一番読み手に伝わるか』という事だと考えてます。

会話でも『ここぞ!』っていうタイミングで伝えたい事をいうと相手の心にささるように、記事もベストなタイミングで趣旨を書くと一番ささる気がします。

実際、伝えたい事やキーワードばかりを繰り返していると検索順位ではあまりいいような結果は出ないようです。

検索の上位に表示させるための工夫として、Webライティングでも対策キーワードを「バランスよく」入れていく必要があります。

この「バランスよく」が重要なポイントです。

キーワードを詰め込み過ぎてしまうと、どうしても不自然な文章になってしまいます。
そうすると、読み手はくどい印象を持つでしょうし、心証良くありません。

キーワードを意識しつつ自然な流れで趣旨やキーワードを出すのがいい記事であり、検索順位を上げる投稿方法なんでしょうね。

意識しようと思います。

また明日です。