.wrap()


wrap()は要素を一個ずつ囲むことができます。

pタグなどリストで一気に囲むことができます。

wrapInner()では、
要素の子要素を一個ずつ囲む。aの内側。

wrap()では動的に吐き出されるソースなどに対してdivで囲んでcssを適応させたいとか、ulなどのliがずらっと並んでいるときなど5個づつ区切りをつけたい場合などに最適です。