!importantによる優先度の変更


セレクタ {
プロパティ: 値 !important;
}

プロパティの値の後に空白を入れて「!important」を記述すると、優先順位に関係無く優先的にスタイルが適用されます。