SVGが表示されない場合


SVGはレスポンシブなどに便利で、
JPEGやGIF、PNGなどの、ビットマップ画像ではなく、
ベクター画像なので、拡大・縮小しても画質の影響などで、荒れたりしません。
スマホや、Retinaディスプレイなどでは非常に重宝します。

コーディングの際では、普通にimgファイルとして使用でき、

上記のようにsrc属性で指定できます。

便利なSVGですが、サーバー環境によってブラウザ側でうまく表示されない場合があります。

その場合.htaccessに以下のコードを追加します。

これを記述した.htaccessをサーバー側にアップすることで、SVG画像が使用可能になります。