【イラストレーター】ラスタとベクタの違い


ラスタ形式とは、点で画像を表現をしているイメージで、拡大すると小さな正方形(点)がたくさん集まったように見えます。
そのひとつひとつの点を、pixelと呼びます。
pixelがたくさん集まってできるので、解像度を上げると容量が大きくなります。
ベクタ形式とは、数値で表します。
解像度が大きくなっても、数値を変えるだけでいいため、容量は変わりません。
また、画像を拡大・縮小しても画像は粗くなりません。
他の形式のものをラスタ形式にかえることを、「ラスタライズ」と言います。