とんかつ 喜多呂さん~天神橋筋六丁目・本庄東

もっちりとした淡路島のえびすもち豚を使用したトンカツ定食や大阪では珍しい福井スタイルのソースカツ。 とんかつ 喜多呂さん~天神橋筋六丁目・本庄東 〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東2丁目15−4 リバーサイド東梅田 ちなみに、とんかつ 喜多呂さんには、伊藤美誠選手などポスターが貼ってて店の人に聞いたら、すぐ近くに卓球練習場があるとのこと。 店でて少し歩いたらほんまにありました。これは卓球女子、伊藤選手メダルとったらせやねんくらいがこのとんかつ 喜多呂さんに来て店長取材受ける番組が見えます。

中崎町本庄西の一品香さんランチ

中崎町本庄西の一品香さんランチ。 仕事柄近くだと電車よりも自転車が早いので自転車で北区周辺を移動するのですが、今回は谷町線中崎町駅からちょっと行ったところにあるお店さん。 豊崎とか中崎町とかそんな場所で、梅田にも近いし中津駅にも近いし天六にもまあまあ近い場所です。 タンタン麺はそれほど辛くもなく値段もお手ごろ価格。 こういったお店では2時くらいには中のおばちゃんも普通にご飯食べ始めますが、そんなものでいいんです。個人店はこのアットホーム感がいつでもいいものです。

スピリッツ 梅田本店 – 中崎町さん

スピリッツさんの店舗のほうです。 出前館とかウーバーイーツとかディディとか多くなりましたけど、スピリッツさんもそっちの出前のほうが多くなってる感じがします。 厨房で鍋振るう人多いけど店内はお客さんは多くない、というやつです。 https://delivery.dmkt-sp.jp/shop/itemlist/1006228/ デリバリーは多くなりましたし、そのおかげで最近ではデリバリー専門店も多くなってるとのこと。 来店なしの無店舗経営にしたら場所代浮くので固定費下がりますので。いわゆるドミノピザみたいな営業形態です、流れに乗るのは実に大事。

天満橋にある居酒屋和食「なかの家OAP店」さんのちらし寿司定食

天満橋にある居酒屋和食「なかの家OAP店」さんのちらし寿司定食。 大阪市・天満橋の居酒屋・和食「なかの家OAP店」は帝国ホテル横、OAP・大阪アメニティパーク内にございます。ショッピングの際のランチに、会社帰りのお食事や各種ご宴会、大阪滞在時のお食事など様々なシーンでご利用いただいております。テーブル席のほかに個室のご用意もございます。 サイトから引用です。 OAPには大きな会社さんや大阪労働基準監督所もありますのでランチは混むと思います、12時~13時でお昼休みだと思いますので、流行のお店や定番は結構混みます。クレアネットは自由ランチ制なので好きな時間に好きな場所にランチを食べに行ってもいいスタイルです、仕事柄そういう仕事でもありますのでそうしていますが、そうでない企業や会社も多々ありますし、南森町くらい「安くて・美味しくて・量も種類も豊富」なランチを楽しめる町はないと思ってます。 梅田のグランフロントなんかかっこいいのですが、その分ランチもハイプライス。 大阪は天下の台所と言われたように、庶民のご飯が安くて美味しいお店がコロナ禍でも普通に繁盛しているような、そんな気がします。ごちそうさまです!

ちからや 天神橋四丁目店さんで一人焼肉を決める

ちからや 天神橋四丁目店で一人焼肉を決めてきました。 場所はJR大阪環状線『天満駅』直ぐの好立地、商店街の中。 そんな場所でお手頃価格ながらボリュームたっぷりな焼肉のランチ、美味しく食べてまいりました。ご馳走様です。 ちからやさんは焼肉店ですが、ランチやってて1人用七輪あるので一人焼肉です。(決してビールは飲んでおりません) ちからやさん、天神橋筋3丁目にもありまして、似てるお店と思ったら一緒の店でした。 肉にごはんにスープに、肉肉肉。 肉食べるとやっぱり力でます、今日は昼肉食ったから気合入れてやるで!というフィジカルとメンタルにいいインパクトがあるような気がします。 ランチブログまとめてるのもコンセプトは「いい飯食っていい仕事するためにいい飯探す」仕事中心思考なのですが、肉飯はやっぱりいいです。 ■ ちからや 天神橋四丁目店で一人焼肉を決めるビジネスマン 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋4丁目8−23

つるまる饂飩 南森町2丁目店さんのきつねうどん

つるまる饂飩 南森町2丁目店さんのきつねうどんです。 つるまる饂飩さんは、南森町駅の南東方面にもお店があります、ここから200メートルくらい行ったところです。 この界隈にはフジオフードさんのお店がわんさかあり、注文後マッハで出てくるうどん屋さんもフジオさんところのお店です。 330円ですが美味しい!水はセルフ、おしぼりセルフ、2名で店まわしますしそれでOKなので安くて美味いうどんが食べれるという話です。 飯時間10分程度、ビジネスはタイムイズマネーです。 南森町には、ゆっくりランチして1時間以上ゆっくりするOL向けのランチもあるのですがそれはそれ、これはこれ。 早く仕事やって顧客に送ることで満足を得る、自分の提案を早くまとめる、スタッフに指示書をまとめて早く着手させたい、などなど。こんなビジネス思考の人がいる限り、注文後すぐ出てくるうどん屋さんは永遠潰れないのです。ビジネス街には嬉しいお店です。 〒530-0054 大阪府大阪市北区南森町2 530-0054 2丁目-2-7 ご馳走様です。

うなぎの老舗「柴藤」さん

オープニングで紹介した本はこちら💁‍♀️ 『う/ラズウェル細木 著』です! 亀井さんはこの本だけでご飯行けるそうです🍚#かめかむ #mbs1179 pic.twitter.com/qt8LKLJnZS — かめばかむほど亀井希生です! (@kame1179) July 26, 2019 う、に載っていた「柴藤」さん、北浜のお店に行ってきました。 夏のこの暑さ、うなぎで精をつけます。...
,

大阪駅前第3ビルB2の洋食屋『ロイヤルエイト』さん、最の高

大阪駅前第3ビルB2の洋食屋『ロイヤルエイト』さん。 昭和感漂うからこそ、長年に愛されてきたお店の証拠と居心地のよさがあります。 もちろん水はキンキンに冷えていて、炎天下30度で自転車こいで来た身体を癒します。 ごはんももちろんうまい、整います。 日刊スポーツや経済紙、そして少年マガジンまで書籍品揃えは完璧です。決してオレンジページはありません、むしろ不必要なのです。男の園。 当然のようにアイスコーヒーをプラスしてごちそうさま。 ■ 大阪駅前第3ビルB2の洋食屋『ロイヤルエイト』さん、最の高

松の家さんではなく「かつや大阪本町通店」さん

南森町には「松の家」さんというカツどんやとんかつ定食屋さんができまして、定食500円という破格とそれでいて美味しいのでいつも混んでいます。 ただ、全国的には「かつや」さんというお店が有名で、それは「大阪本町通店」という紀伊国屋の前にあるので行ってきました。あのフーターズの下です、いえ旧フーターズのビルの下です。フーターズ・・。 かつやさん、松の家さん、違いがわかるほど通ではないですが外国の方が多いのが特徴です。お客さんも店員さんも、かつは日本のデリシャスフードなのでしょうか。 ごちそうさまでした。 ■ 松の家さんではなく「かつや大阪本町通店」さん
,

祭太鼓は1983年に誕生した「元祖 変わりかつ丼・親子丼の専門店」

祭太鼓は1983年に誕生した「元祖 変わりかつ丼・親子丼の専門店」です。 天満で始まったらしいけど、すごいです。サイトみたら、 チーズカツ丼発祥の店 祭太鼓 『祭太鼓発祥メニュー(食材・製法すべてにおいて)』 おろしかつ丼 ひやおろしかつ丼 チーズかつ丼 かつ玉チーズかつ丼 梅ぽんずかつ丼 キムチかつ丼 ひやキムチかつ丼 マヨキムチかつ丼 トマトかつ丼...