WEBマーケティング呉

265話 リマケバナーの広告

265話 リマケバナーの広告

轟部長が解説します

リマケ広告は漫画でも紹介しているものですが、今でもリマーケティング 広告に追いかけられている毎日です。 リマケ広告は一度サイトに訪問した方をセグメントします。 ということは、サイト訪問者に対して、「前回のサイト訪問についてはありがとうございました」と感謝を伝えるというのは、すごいユーザー目線なわけです。 動物園なんかでもそうですし、阪和線を移動するだけで 岬町から和歌山市に入るときには 「ようこそ!和歌山県へ歓迎!」。 和歌山市から岬町に出るときには 「またのお越しをお待ちしております!和歌山県」。 和歌山県は感謝の心を忘れません。 そして2番目の、次回は検索でダイレクトに訪問を促すことで 広告クリックを避ける狙いと、「名前をインプット」という知的作業を入れるので知名度アップにもつながります。 こんなリマケ広告が全部通用するわけではないですが、セグメント分けて設定すれば有効な訴求効果が見込めます。仕事もバナーも創意工夫は限りがありませんし、クレアネットでは日々追い続けています。