WEBマーケティング呉

292話 伝わる、伝える工夫

292話 伝わる、伝える工夫

轟部長が解説します

今回は伝わる、伝える工夫の話です。 採用活動での企業説明会を行うような機会があるのですが、よくその学校のOBやOGが来ていたりします。それは何より「自分のイメージが最もわくから」であって、マーケティングでも大事な発想です。 HAL大阪からの採用を増やすのなら、HAL大阪の卒業生の声を大きく出したらいいんです。シンプルですが正しいやり方。 他にも年齢、性別、母校、などは意識的に同じ環境のほうが親近感もわきますし、伝わる力も自然に増えるわけです。 となると圧倒的弱者の立場からすれば、人事担当などよりも代表自らが熱弁するほうがそのエネルギーは伝わるのは間違いありません。 伝わる価値は「伝える努力」なので、人によるマーケティング、このへんは強く意識する必要がありますし、サイトの中でもよく卒業生の声など出すのは、当たり前の発想です。 サイト作りでもそのような工夫を随所に行うから成果が生まれる、 そのような制作をクレアネットは行っております。