WEBマーケティング呉

260話 FAQ

260話 FAQ

轟部長が解説します

FAQ=英語のFrequently Asked Questionsの略語で、「頻繁に尋ねられる質問」の意味、です。サイトではよく見かけます。 こういった省略語が多いのですが、 後にも先にもファッキュー言ってた人は1人しか記憶にありません。一応実話を基にした話なんです。ファッキューってアクセスどうなん?取引先から言われると否定するタイミングを失ってしまい、そのまま 「ファッキューはアクセス多いですよ、ファッキューは他社さんもやってますね!結構ファッキュー充実させたらいいですよ。ほかにもファッキュー出せますかね?メールでファッキューもらっていいですよ。ファッキュー編集しますし!」 ミスドで打ち合わせ中、隣でファッキューファッキュー連呼してしまったあの江坂のミスド店さん忘れません。 いちおう、よくあるご質問は、他の言葉でQ&Aとも言うので、どちらかといえばこっちのQ&Aのほうがメジャーな気もします、どっちでないといけない理由はないのですが。 こういう場合には正確には朝日用語辞典など使うこともありますし、一般的によく使われる用語を用いるほうがユーザーにとって優しいサイトになるので、何もなければよくあるご質問は=Q&Aと略しているのが現状です。 変わった用語、略すと怪我しますと思いながら言葉を大事にやってます。 といっても小学校では「モスクワ」をカタカナで書くと「クワ」と「ワク」って似てるので「モスワク」と思ってたり、桑野さんの上履きにカタカナで「クワノ」って書いてるのを「771」に見間違って「ロボット?」とかわけわからんこと言いそうになったこともあったり。だからこそ、1つ1つの言葉を大切に、言葉は伝わらないと意味がない、1つ1つを大事に制作を行っております。