WEBマーケティング呉

第235話 コミュニケーション手段

第235話 コミュニケーション手段

轟部長が解説します

2017年にまさかの「クールポコ」さんネタ。

実は2008年にブレイクしたので、もう結構経つんですね。

>>クールポコさん

コミュニケーション手段はいろいろあります。

メールが通常便利ですが、それ以外にも電話、ファックスなどもビジネスでは利用しているのが通常です。

ただ、不動産会社さんのやり取りは今でもファックスが多いようですし、ファックス用紙をスキャンしてメール添付も多くなっています。

相手に伝わればコミュニケーション成立なので、相手に合わせるのがベストな方法かと思います。 と、考えるとやりとり方法は多種多様です。

他にも、スカイプや、チャットワーク、LINEグループ、メッセンジャー、そして、メーリングリストやメールにファックスなどいろんなものがあります。
組織やグループなどではグループ作れるほうがいいので、LINEグループもありますね。

どちらにしろ人がやることなので、間違いはあるものですが、そうならないためにもファックス送る前には「指差し確認と口頭で番号読み上げ」を新人のときに教えてもらったのを覚えています。

クレアネットはwebの会社なので「詳しくはサイト見ておいてください」

の一言で会社やサービスなどが全て顧客に伝わるようなサイトを作れれば、そうすればコミュニケーションコストの削減になると考えております。

もちろん、企業間での必要なコミュニケーション方法は会社ごとにもよりますので、その態様にあわせて、スカイプや、チャットワーク、LINEグループ、メッセンジャー、などなど、セキュリティにしっかり配慮意識を持った上でコミュニケーションを行っております。

>>お問い合わせはこちら