WEBマーケティング呉

第212話 ピンポーンの音

第212話 ピンポーンの音

轟部長が解説します

薬事法規定で詳細決まっているわけではないのですが、通達によってこの「ピンポーン」の音を出すようになっています。具体的には『視聴者の注意を喚起するような音声』がピンポーンです。

[ 参考 ]
http://www.news-postseven.com/archives/20101220_8412.html

薬事法の趣旨として「一般人が間違って薬を服用してしまうようなことをなくし、国民の健康を守る」という趣旨があります。そのためピンポーンと音を鳴らしてますが実際に「ポンピーン」はセーフのようなので、何の音がいいか難しいところがあります。

例えば「ポポポポーン」としていいのか悪いのか、行政判断にもなるのですが、たぶんあかんような。ACジャパンさんのあいさつのまほうと勘違いしますね。

そんなわけですが、クレアネットのサイトや広告に関しては薬事法規定がない限りピンポーンはなりません。広告に関しては成果保証の広告もあり、成果を何で見るかも異なるのでなかなか薬事法規定のように注意を喚起する音声は当面必要なさそうです。

クレアネットでは、法令遵守した、広告の成果を最大化できるような広告提案を行っております。

>>お問い合わせはこちら