WEBマーケティング呉

第209話 オワコン

第209話 オワコン

轟部長が解説します

オワコン=終わったコンテンツという意味です。

昔「プリントゴッコ」という年賀状を印刷する機械がありまして流行った時代があったのですが、今は家庭用プリンタもあって生産も販売も全てが中止したようです。
これは正に終わったコンテンツ。

時代が変わる、市場が変わることでオワコンになるものはたくさんありますし、その分新しく製品やサービスが世に出てくるものなんです。

広告手法も江戸時代は瓦版だったのでしょうが、今だとネット広告が流行りになってきているだけで、検索した際に広告表示させる検索連動型広告が最も大きなシェアを占めています。

ネイティブ広告、アドネットワーク広告、ソーシャルメディア広告、動画広告など新しい手法は増えてきていますが、新聞がなくならなければ新聞広告がなくならないように、日々変化はあるものの手法はなくなりません。

むしろ新聞などでは、今も顧客層を絞ることができることと、購買層がほぼ経験則上見えるので地域密着した情報などは効果があります。検索連動広告も決してオワコンではありません。
何が最も効果高いのかは弊社の企画提案の腕の見せ所、まずはご相談ください。

>>お問い合わせはこちら