WEBマーケティング呉

第189話 偽通販サイト

第189話 偽通販サイト

轟部長が解説します

偽サイトは見た目の雰囲気やデザインでは判断できず、 騙されてしまうことがあります。 見分けるポイントとして、フリーのメールアドレスでないか、 会社概要の説明がおかしくないかなどチェックは大事です。

さらに、
 ・ログインや会員登録等の画面の時に、URLはhttps://に変わったり、
  南京錠マークはついているか
 ・記載されている日本語がおかしくないか
 ・電話番号は記載されているか
 ・支払方法が銀行振り込みで、個人名義ではないか
などがあります。偽サイトに引っかからないよう 皆様も気を付けてみてください。

さらに「フェラーリ」が「フュラーリ」という微妙に異なる名前もあります。 昔ですが、こちら葛飾区亀有公園前派出所で「フュラーリテスタオッサンドナイ シテマンネン」という車を売っている商売人の話がありました 。

>>フュラーリテスタオッサンドナイシテマンネン( こち亀の印象的なシーンまとめ – NAVER まとめ より)

騙されないようにしたいですね、さらに販売側からすれば ユーザーが安心感を持って購入できるようなサイト作りが必須です。 そういったご提案をクレアネットでは行っております。

>>お問い合わせはこちら