WEBマーケティング呉

第184話 価格で商品検索

第184話 価格で商品検索

轟部長が解説します

内容に関しては実話です。クレアネットのとあるスタッフが実際にこの内容の経験をしてしまった苦い経験です。1500円ならまだ許せるのですが、中途半端に6800円などの書籍が届くと本当に怒り心頭ですね。

といっても、お買い物は自己責任です、きっちり見てから買わないといけませんし、イラストレータの相場観などもある程度知っておくのも大事です。このような価格別検索は便利ですし、安いものから順番に買えるというのは嬉しい機能です。

ネットショップだけでなくこういった検索機能を盛り込むこともユーザーにとって便利ですので、実際のサイトの改善やユーザビリティ視点から機能をご提案することもあります。サイトの改善のお悩みについて、まずはご相談ください。

>>お問い合わせはこちら