WEBマーケティング呉

第171話 神対応のライティング

第171話 神対応のライティング

轟部長が解説します

ボキャブラリー=語彙(ごい)です。
語彙が貧しくなるとうまくいくこともあります、とい話です。

ライティング力は本当に難しいものです。豊富なボキャブラリーが必要なことで
すが、そうでないときも。専門用語もあれば、ネット用語やパソコン用語にもい
ろいろあります。最近で言うと「神対応」とか「神用語」はよく出てくるように
なってきました。テレビでもよく「神対応」とか出てくるので神が乱用されてる
ような気もしますが、文化です文化。

若者用語はいつも変わった文化を生み出しますが、

「神」・・すごい
「鬼」・・すごい
「草」・・面白い

という意味に受け取っておけばだいたい正解です。
「ローソンのからあげくん、実は1年に1回、味の変更してるって神やな」
みたいな若者言葉聞きましたが、ビジネスですから市場の変化に合わせて常に改
善ですよ、当たり前ですよ。クレアネットでも「神対応」目指して日々業務に専 念しております。

>>お問い合わせはこちら