1. HOME
  2. お知らせ
  3. 低感染リスク型ビジネス枠は100% = 対人接触機会の減少

NEWS

お知らせ

低感染リスク型ビジネス枠は100% = 対人接触機会の減少

低感染リスク型ビジネス枠、とは何かという点に関して、去年よりも受付が少し狭くなったといえます。

昨年度の小規模事業者持続化補助金は「一般型」と「コロナ特別対応型」の2種類での公募がありました。そのうち「コロナ特別対応型」は、新型コロナウイルス感染症対応のための経費が全体の1/6以上を占めていれば、その他はコロナ対応以外の、店舗の改装等の経費にあてることができました。今年の「低感染リスク型ビジネス枠」なのですが、この点が違います。

「補助対象経費の全額が、対人接触機会の減少に資する取組、であること」

になってます。
これは、昨年認めらていたコロナ対応とは店舗の改修費等が、今年度は、対人接触機会の減少のために行わう明確な根拠がなければ経費として認められないことになったことを意味します。
なので、今年度は間口が大きく狭まったことになります。

最新記事