WordPress プラグインでパスワード認証


WPサイトの制作で、制作中のサイトをテスト環境にアップしてお客様に確認していただく場面があると思います。

BASIC認証をかけてアクセス制限をかけることも可能ですが、
プラグインを使用することで、簡単にアクセス制限をかける方法があります。

そのプラグインは「Password Protected」です。

プラグインの新規追加から「Password Protected」で検索し検索結果で「Password Protected」が表示されたら、今すぐインストールを選択し、
有効化します。

管理画面のメニューの「設定」→「パスワード保護」を押すと、
設定画面が表示されるので、以下の設定を行います。

パスワード保護状況のチェックの「有効」をチェックします。

「新しいパスワード」
に設定したいパスワードを入力し、問題がなければ「更新」を押します。

wpだとプラグインでパスワード制限をかけることができるので、便利ですね。