WordPressのURLの自動補完リダイレクトを無効にする


WordPressには存在しないページのURLを指定しても、WordPressが自動で推測して、
ユーザーがアクセスしようとしたURLにリダイレクトする機能があります。

便利な機能ですが、存在しないURLはすべて404ページに飛ばしたい場合無効にする方法です。

例えば、http://○○.com/neなど間違えたurlをユーザーが打ち込んだとしても、自動補完でhttp://○○.com/news-listなど新着情報などにリダイレクトされてしまいます。
便利な機能ですが、間違ったURLでページに飛ばしたくないという人もいるかもしれません。

上記をfunction.phpに記述すると、http://○○.com/neやhttp://○○.com/newなど間違えたURLへアクセスしたとしても、自動補完が機能せず、http://○○.com/news-list
などへはリダイレクトされず、404ページにリダイレクトされるようになります。