WEB広告の話(市場と広告を打つ理由編)


なにわのマットマレンウェッグです。

23日目です。

ブログ書くのが習慣になり、楽しくなってきました。

事業でも、習い事でも軌道に乗るまで、特に踏み出す時が一番しんどいらしいです。

自転車でも最初のひと漕ぎは一番労力要りますが、そのようなものなんでしょう。

今日からはWEB広告について記載していきます。

 

 

新聞広告、TVCM、チラシ等全部広告です。

下記の記事によると広告の歴史で一番新しく、成長段階にあるのがWEB広告だそうです。

 

出典元:(【完全版】Web広告とは?種類別に仕組みを徹底解説!)

電通の調査によると、2019年には2兆1,048億円の広告投資額に達し、ついに地上波テレビ広告の1兆8,612億円という記録を塗り替えました。これは前年比119.7%もの伸び率となり、加えて6年連続で二桁成長という破竹の勢いを見せています。

 

すごいですね。ではなぜこんなに勢いがあり、成長しているのでしょうか。

明日からはこの理由を長編で書いていこうと思います。

また明日。