WEB広告の話(ターゲティング編)


なにわのマットマレンウェッグです。

25日目です。

寒暖差が激しく、体調を崩してしまい、危うく更新をが漏れるところでした。

人は体調を崩すと気持ちが落ち込んだり、マイナスな思考に陥りがちになりますが、そんな時はしっかり寝る、おいしいもの食べる、好きな事する、家族、恋人、仲間と話すが最良の薬らしいです。

一番ダメなのは自分自身を否定してしまう事らしく、その結果、その思考が良くない現実を生み出すようです。

なかなか難しいのですが、逆風でも、前向きに、ポジティブに、良い言葉を使って毎日を過ごしていきたいものですね。

 

本日も記載します。

本日はWEB広告が細かいターゲティングが可能という話です。

 

ターゲットといえばなんだか物騒なイメージを持ってしまいますが、WEB広告では出稿元が広告を一番伝えたい方という認識で御願い致します。

では、どんな風にWEB広告がターゲティングが出来るのかという話ですが、下記の内容です。

 

出典元:【完全版】web広告とは?種類別に仕組みを徹底解説!

 

ユーザーの地域や年齢、性別などの基本的なデータをはじめ、興味関心やWebサイトでの閲覧・検索・行動履歴などから細かくセグメントを行い、広告を配信できます。

近年では、SNSを活用することで、家族構成や出身校、職種、メールアドレスなどといった、個人により近いターゲティングが可能です。

また、Web広告の効果を向上させるための様々な技術の発展によって、広告の表示回数や表示させる広告まで設定できるようになっています。

 

個人的には新聞広告、チラシ広告は数打てば当たるみたいな印象がありましたが、WEB広告はヒットマンのようなターゲット狙って打つ事がこの内容で可能のようですね。

では代表的なものってどんなものがあるのでしょうか。

 

  1. リスティング広告
  2. ディスプレイ広告
  3. SNS広告
  4. 動画広告
  5. ネイティブ広告
  6. メール広告
  7. アフィリエイト広告

色々な種類がありますね。

各広告どんな特徴があるかを明日以降更新していきたいと思います。

また明日です。

staff

x$^Mn(hcjcODoMJub2otlfrm