pdfのアウトライン化

イラストレータにもフォントをアウトラインに変換というものがありますが、変換する前のpdfデータなんかだと、フォントが無いため、
イラストレーターで開いたとしてもフォントが切れたまま表示されてしまいます。

pdfではフォントが表示されているのに、イラストレータで開くとフォントが切れてしまうとき、Acrobat DCで加わったプリフライト項目を使用して、
アウトライン化した後に、イラストレータ上にデータを持っていくことができます。

Acrobat DCでpdf上を開きツールの「印刷工程」を選択

ツールリストが開いたら「プリフライト」を選択

プリフライトパネルが開いたら、「フォントをアウトラインに変換」を選び、「解析してフィックスアップ」ボタンを押します。

プリフライトパネルで結果が表示されます。

そして保存するとアウトライン化されたpdfデータが保存されます。