@mixin


Sassの@mixinという機能を活用すれば、今まで面倒くさかった記述も、効率的にコーディングが可能です。

@mixin に任意で名前を指定してスタイルを指定することでひとまとまりの定義とすることができます。

使用するときには、@includeで呼び出します。

また変数を使って

変数$sizeに格納されたpxの値がwidthとheightに適用されます。

上記を活用して、指定の多いポジションの指定などを@mixinを使用すると

位置の指定が@include position(10px, 50px, 50px, 0);の一行だけで済むので、メンテナンス性や作業効率にもつながります。