固定ページのパーマリンクを投稿名.htmlにする

WordPressのパーマリンクのカスタマイズをご紹介します。
WordPressは動的にページが生成されますので、URLには「.html」が付きません。
が、疑似的につける方法があります。

アクションフックを使って、デフォルトのパーマリンクを上書きします。
下記をfunction.phpに記述しましょう。

カスタム投稿を使っている場合には、下記のプラグインも有用です。
Custom Post Type Permalinks

search.php:検索対象の絞り込み

WordPressで検索を作る際に、カスタム投稿の中だけを検索対象にしたい。
そういった場合のfunction.phpへの記述をご紹介します。

参考:http://works.coldsleep.jp/blog/search-method/

これでめでたく、カスタム投稿に作った記事内容だけが検索結果に表示されるようになりました。

WP:アイキャッチ画像の有効化

アイキャッチ画像を使用するには、functions.php に下記のコードを追加しましょう。

有効化されると、投稿ページ右下にアイキャッチ画像の設定項目が表示されます。

テーマ内でアイキャッチ画像を表示させるには、下記のコードをテンプレートファイルに記述しましょう。

表示サイズについては下記を参照

classを追加する場合は

プラグイン:Custom Post Type Permalinks

今回は、便利なプラグインCustom Post Type Permalinksをご紹介します。
こちらは、カスタム投稿のパーマリンクをカスタマイズ設定するためのプラグインです。
カスタムタクソノミーが作られた状態で有効化すると、「設定>パーマリンク設定」の項目の中に「カスタム投稿タイプのパーマリンク設定」が追加されているはずです。

「カスタマイズされたカスタムタクソノミーのパーマリンクを使用する」にチェックを入れると、タクソノミーのパーマリンクを下記のように設定できます。
“http://ドメイン名/post_type/taxonomy/term”

MW WP Form URL引数を有効にする

前回ご紹介した「MW WP Form」ですが、今回はオプション設定を活用したカスタマイズをご紹介します。

まずは「URL引数を有効にする」オプションにチェックを入れましょう。

こちらを有効にすることで、投稿ページのタイトル等の情報をフォーム内に自動表示させることが可能になります。

投稿の個別ページに「この商品について問い合わせる」というボタンを設置した想定で解説を進めます。

このように、フォームを設置したページのURLにページIDをパラメータとしてくっつけます。

そして、フォーム側の記述は、

{post_title}で、リンク元のページのタイトルを取得してvalueに設定することで入力欄に自動表示させています。

最近の案件ではこの「MW WP Form」が大活躍しています。是非皆さんも活用してください。

MW WP Form 住所入力補完

WordPressでお問合せフォームといえば、Contact Form 7が有名ですが、
最近はMW WP Formが非常に使い勝手がよく、おすすめです。

主なメリットは以下の点
・確認画面が表示可能
・同一URL・個別URLでの画面変遷が可能
・豊富なバリデーションルール
・問い合わせデータを保存可能

また、郵便番号による住所入力の補完も簡単に実装可能です。
今回はその手順を紹介します。

以下のサイトを参考にさせていただきました。
http://megane-blog.com/2014/08/06/1204

■ajaxzip3を読み込む
head内に下記を記述します。

■script実行
name設定が次の場合→郵便番号”zip”、都道府県”area”、市区町村”city”

■Formのソース

さらに、MW WP Formには「URL引数を有効にする」オプションもあります。

次回はこのオプションを使ったカスタマイズを紹介します。

WP:「投稿」のラベルを変更する

デフォルトの「投稿」をページ上ではお知らせとして表示している例は多々あると思います。
そういった場合は、管理画面側の表記も変えてあげるのが親切というもの。

下記のコードをfunctions.phpに追加して名前を変えてあげましょう。

不要なものは消してしまってOkです。

参考:http://wpcj.net/1171

カスタム投稿にタクソノミーの表示列と絞り込みを追加

追加したカスタム投稿の一覧に、タクソノミーターム名(カテゴリー名)と絞り込み検索を追加するコードです。

親タームと子タームの条件分岐

親タームか子タームかで条件分岐して出力結果を変えたい場合のコードです。コピペ用にどうぞ。

プラグイン:Breadcrumb NavXT

面倒なパンクズの構築を解決してくれるプラグインをご紹介します。
Breadcrumb NavXT
https://ja.wordpress.org/plugins/breadcrumb-navxt/

インストールが完了したら、設定をしましょう。

後は設置した場所に下記のコードを追加しましょう。

※bcn_display_list();で

  • タグでの出力、bcn_display();だとタグで出力されます。

    カスタムタクソノミーでタームを階層化していると、結構パンクズに悩まされますが、
    このプラグインを使うことで解決できました。