【イラストレーター】文字のアウトライン化

イラストレーターで作ったデザインを出力するとき。

印刷物として印刷会社にデータを提出する必要がある場合、文字のアウトライン化が必要。
理由は2つ。
・使ったフォントが相手のPCで有効かどうかわからず、意図したデザインと異なってしまう可能性がある
・フォントが変わることで、レイアウトも崩れてしまう可能性がある

ただし、アウトライン化をすると文字としての情報は失われるため、バックアップを取り、別名でアウトライン化用のファイルを保存したうえでアウトライン化することを忘れない。
※文字としての情報が失われる=あとで編集ができなくなるため。

アウトライン化する方法は、該当するテキストを選択ツールで選択し、右プロパティから「アウトラインを作成」をクリックする。

選択範囲内のみ書き出せるようにする方法

今日はIllustratorの話です。

CCでは

ウィンドウ→アセットの書き出しを押すと
アセットのウィンドウが出てきます。

ここに該当する素材を
①ドラッグ(複数ある場合はAlt+ドラッグ)すると素材が格納され
②形式や名前を記入して書き出すことができます。

ただ、1つ難点があります。

クリッピングマスクをした素材を書き出そうとすると
クリッピングマスク外の範囲まで書き出せれてしまいます。


NGです。

そんなときの対処法

①ライブラリを開く
②対象素材をライブラリにドラッグする
③②の素材をアートボードに再び移す

すると、クリッピングマスクの範囲がなくなり
欲しい部分だけの状態になります。


これでOK。

【特徴】
ドラッグするだけでできる

他にも良い方法があるかもしれないのですが
まずはこの方法を使ってみましょう。