第五十八回「CSSプロパティの読み方講座~その1~」

ホームページを作成する業務について、勉強していくうちにCSSの発音が間違っていないか不安になることってありませんか?

今回は私が読み方を間違えやすいCSSや、言い方が複数あるCSSをご紹介します。

1.「width」

これは「ウィドス」と発音します。横幅を指定できるプロパティです。
実際は「ウィドゥス」や「ウィズ」など複数呼び方があるみたいです。

2.「opacity」

これは「オパシティ」と発音します。このプロパティを使うと透過することができます。

使い方:第四十八回「何回も調べてしまった覚えてしまいたいCSSまとめ~その一~」

3.「relative」

これは「レラティブ」と発音します。このプロパティを使うと相対指定することが出来ます。

使い方:第四十八回「何回も調べてしまった覚えてしまいたいCSSまとめ~その一~」

4.「absolute」

これは「アブソリュート」と発音します。このプロパティをつかうと絶対指定することができます。

使い方:第四十八回「何回も調べてしまった覚えてしまいたいCSSまとめ~その一~」

5.「border-radius」

これは「ボーダーレイディアス」と発音します。このプロパティを使うと角に丸みをつけることができます。

使い方:第五十五回「写真の角に丸みをつける簡単CSS」

★まとめ★

読み方を間違うと恥ずかしいので、間違いやすい英単語はチェックチェック!