擬似要素


:before擬似要素(対象となる要素のに指定した内容を追加)
:after擬似要素(対象となる要素のに指定した内容を追加)

ブロックレベルの要素に対して:beforeや:afterを使った場合は、
追加される内容もブロックレベル要素となります。
逆に、インライン要素に対して擬似要素を使った場合は追加される内容もインライン要素となります。
明示的に記述するならdisplayプロパティに対して値を指定して下さい。
(インライン要素の場合はblockは指定できません)。

※:before擬似要素と:after要素はIE6及びIE7では未サポートです。

▼:beforeと:afterを使う時に、文字を入れたい場合はcontentを使用

参考サイト:http://yossense.com/css-before-after/
参考サイト:https://liginc.co.jp/web/html-css/css/23099
参考サイト:http://www.htmq.com/style/content.shtml