コーディングとプログラミングの違い


先日、プログラミングを勉強されている専門学生さんとお話する機会がありました。

会社でコーディングを主に担当していただく人を採用したいと思っていたので、「コーディングは好きですか?」と質問したところ、「???」となってしまいました。

そこで、「プログラミングは好きですか?」と言い直したところ、「はい」という答えが返ってきました。

コーディングとは、【プログラミング/コンピュータ言語を使ってソースコードを作成すること】で、主に【HTML】【CSS】【PHP】【JavaScript】などのこと。
プログラミングとは、【プログラムを作成する作業全般】で、この中にはコーディングも含まれています。

つまり、コーディングはプログラミングの作業の一部なのですね。