失敗体験をたくさん積んでおくこと


失敗体験をたくさん積んでおくこと。
そういえばいろんな失敗体験を積極的に話すのですがその中からいくつか。

■ 失敗談その(1)「新聞折り込みチラシで成果ゼロ」

絵画販売ドットコムでweb集客以外にどうやって集めたら良いのか分からない時期があったので、web集客以外のことに目を向けて調べていたのですが、
たくさんの人にアクセスしてもらえばと思い、「新聞の折り込みチラシで試してみよう。」を作り、日経新聞の折り込みを試してみた。待てど暮らせど反応がなく、土曜日に出したのでスタンバイをしていたのに電話もメールも一切なし。

これは何かがおかしいと思ったけど、結局成果はゼロで大反省しました。

■ 失敗談その(2)「飛び込み営業」

起業開始早々でweb集客以外にどうやって集めたら良いのか分からない時期があったのでダイレクトマーケティング、飛び込み営業をしたみたことがあります。企業が多い南森町・西天満界隈なので、飛び込みは効率がいいものの、なかなか決定権を持った人に会えない結果に。

さらに、会えたとしても信用されないのは当たり前ですが、少しばかり話ができても、先方のニーズが弱くて商談にならないことで、反省していえば、とにかく効率が悪かった記憶があります。時間ばかりが過ぎて行くのと、門前払いされた時などはみじめで「社長さん頑張ってね」と言われるとなかなかいいのか悪いのか、何ともいえない。

飛び込みとチラシのポスティングなどに変化させたことで、なぜだか知り合いの方が発見して会社に電話をかけてきてくれて、そこから話が進むという珍事件があったりもしたけれど、繰り返し反復継続して行う手法ではないなと確信しました。他にもたくさんありますが、失敗があるのでこの方法はあわないなというのが見えるので、無用の用としてよかったと感じています。当たり前ですが、壁にぶつかってその都度、改善策を決断して実行して行けば、必ず少しずつ良くなっていくものなので。

一歩でも前進すればいいかなと、小さな積み重ねがやがて大きな成果となっていくのは間違いないものです。

関連しているブログ記事一覧