新年のご挨拶


明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
実家の和歌山に帰省したのですが、改めて固有の用と自分自身の内面を考えました。

固有の用を考える際には市場から考えるマーケットインがそのまま成り立ちますが、企業内では社長という役割が固有の用になりえます。
経済人として人として、固有の用を考えた際にはその存在する理由が明確にならねばなりません。

どういった固有の用を持つのか、クライアントのため、従業員のため、取引先のため、ステークスホルダーが増えればその分広がります。
より多くの固有の用を持つために。

また、じっくりと内面の声を聞くと、今年も好きな言葉は「臥薪嘗胆」です。
飛躍の一年にしたい気持ちもありますが、今現状はやはり臥薪嘗胆、まだまだ。猪突猛進でまだまだ進みます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

関連しているブログ記事一覧