フレッシュネスアップデート


フレッシュネスアップデートという言葉は聞いたことがありますか?また、どういう意味か知っていますか?

フレッシュネスアップデートとはグーグルの検索結果の判断基準の1つで、なるべく新しい新鮮な情報を優良な評価を行うというものです。新しい情報=優良な情報とまでも言わないですが、新鮮な情報のほうがいい情報といわれると確かに納得する部分も多いかと思います。フレッシュネスアップデートは、フレッシュネス=新鮮、ということで、新鮮な情報が満載だったらその情報が入ったサイトは上位に入りやすいということになるわけです。野菜や果物が新鮮なほうがいいというイメージに似ているといえば似てます。

フレッシュネスアップデートは「フレッシュネスアップデート」という言葉が出てくる前にもフレッシュネスアップデートらしき現状はよく見ていたような感じがあります。
例えば、「山中」といえば、少し前まではひょっとして「 山中鹿之助 」だったのにもかかわらず、今はノーベル賞の山中教授のサイトであふれています。日本の山中さんの中では、ノーベル賞の山中教授が最もみんなの関心ごとでもあり、新鮮な情報として扱われていると考えたほうがいいのかと思います。 山中鹿之助は戦国時代で有名な軍師、願わくば我に七難八苦を与えたまえと言った有名な方ですが、山名教授には勝てません。

フレッシュネスアップデート、と聞くとただ単に新鮮な情報を集めればいいのか、という感じにもなりかねませんが、検索エンジン側からすればずっと放置状態のサイトを上位に表示させる優良な評価を与えるのもちょっと、という感じに見えます。
サイトは更新したほうがいい、新鮮な情報を集めたほうがいい、これは普遍的な流れだと思います。そう考えるとメンテナンスや日々の情報更新がやはり必要になってくるわけです。

そういった意味でのフレッシュネスアップデートは、正にグーグルの考える視点の流れと同じ。優良なコンテンツがそろったサイトを上位に上げたい価値観が合致するかと思います。

関連しているブログ記事一覧