平成バブル、ITバブル、リーマンショック、過去三回の経験


大川をOAP側から見た景色、今年も何も変わらず桜が咲いていますが出店は出展禁止。
今の現状、いろんな情報がありますが、政治家でも官僚でも公務員でも医師でもないので、今国会議員・県議会議員・市議会議員が何をすべきかわからないですし、施策がいいのか悪いのかも、医療現場がかくあるべきなどもわかってないことに加えて、各持ち場で最大限のことをされてることだろうとしか思えないのと、自分自身が政治論を持ってこうあるべきなども思わないし思えない、のが本音のところです。

ついでに、興味関心よりも政治や公の行動よりも、自分のなしえることだけの最大限注力したほうがいい、とそんな風に昔から思ってましたし今も思います。
誰も悪くないのですが、理不尽なことは多々起きて社会の不条理がたくさんある、これは不惑四十になって本当に思うことです。できるのか過去の経験をもっと知り今回の未来を推測することです。

■ 平成バブル崩壊
・1989年総量規制から開始、1993年ころまで。株価は59%まで減少。
 阪和銀行副頭取射殺事件なども。

■ ITバブル 2000年ころ。株価は77.9%下落
  光通信は1株24万円台だった株価は、3か月間で8000円台にまで暴落。
 
■ リーマンショック
  2008年9月15日 金融危機が発生

speeeさんのように上場取消も今後発生、今年で10社目。こういうときこそ先達の声などを参照したり振り返ることが必要、
不動産会社などのような会社でもスターマイカさんのような会社も、選択と集中と生き残るための術を。

https://gentosha-go.com/articles/-/26087
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/26027

参考:不動産価格は7割下落を覚悟せよ
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59971

関連しているブログ記事一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です