ストックとフローの関係で考えると


ストック収入が多いと行動量や運動量はいらないのですが、フロー収入が売上の割合で多いと最重要課題に関しては商談数になります。
webであったり対面も両方含めて、電話も接点なので1つです。
なので結局アポイント、行動量次第で結果に結びつく、というのが正しい感覚です。

その商談時にどれだけ関係性を深めることができるかは経験が大事になるのですが、その際のちょっとした面白いもの、などは本当に有効と思います。
風船でさくさくキャラクター作るお姉さんいますが、そのお姉さんのテクニックなんかもまさにそれ。フローが多いとこの顧客との接点ポイントが最も大事です、なのでこの仕事自体の真の価値は「サービス」と自分を定義するところにあると思います。

さくっとアンパンマンを作るような、こんなもの。

関連しているブログ記事一覧


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です