設立当初の富田町パークビルとあまり変わらん雰囲気


アマゾン創業者、ジェフベゾスの創業したときの写真。

今から20年前です、1999年。こういうのをみるとやっぱり夢があるんです、仕事にも業界にもいろんなものにも。
当時は本をネットで販売などうまくいくはずない、という意見もあったのですが、価値観がそれはもう違うわけで、一回買ったらレコメンドとか販促とかでどんどん買ってしまいAWSやらギフトやら今はアプリもキンドルもアマゾン使い倒してますし、リピータがどんどん増えているのがアマゾン。

ユーチューブもあったんですが、やっぱり夢があります。
人間想像できないものは現実にできないのが普通ですが、アスリートだとメッシとか大谷翔平とか同じプロでも「すごい!」という選手は想像を超えます、ジェフベゾスさんもたぶん同じ。普通の人の想像を超えてる。
凡人である私などは、メッシをみてちょっとメッシっぽく練習取り入れようとか、メッシのような左で巻いたシュートなど多少の微々たるエッセンスをいただく程度ですが、それでも練習風景や小さい頃の動きみればイメージわきますし、東大行きたいなら東大の過去問みる、赤本とく、起業したいなら起業家の行動や思考をみる、会社を成長させたいと思えばジェフベゾスのようなリスクを取ってどんどん突っ込んでいく、実際に行動できなくても理解できれば何かイメージだけはつきます。

行動となると難しくても、想像はつくレベルまでいけます。まずはここから。行動力や思考もすごいんですが、最初はこんな富田町パークビルというクレアネットの創業したビルっぽさが何より親近感わきます、自分も頑張ればいけるのでは、そんな気持ちに。アマゾンにはなれなくてもアマゾンに憧れてそして自分もやろう、そんな影響を与える人物になりたいもの。

自分なんかで言えば影響を与えているのかは不明ですが、素晴らしい取引先さんや仕事の仲間にはいつもいい影響をいただいていたりします。誰?といえば困るのですが、一緒に仕事したり会社にお邪魔させていただいたり、会社訪問にかこつけていろんな話を聞いたり、すごく大きな会社で今は80歳になっても元気な会長が「しんどかったときか・・やっぱり金がないときはきつい。余裕がなくなる。仕事あっても金ないと回らん」と普通に言っていたりすると、改めてキャッシュが枯渇など怖いんです。ここは永遠に従業員の立場と経営側とが共感得れない部分なんだろうと、従業員は雇用保険で守られますし給料も先取特権ありますから。

そんな「とにかくすごい人の思考や経験エッセンスを共有」は効果が高い。
アマゾンのこのスタートも実に参考になります、最初はみんなこんなもの。

関連しているブログ記事一覧