6月6日は原点回帰


6月6日はスタッフの誕生日でもあるのですが、自社の設立日です。
クレアネットの「クレア」は住んでいたマンション名から取っていますが、同じく設立が6月6日なのは意味があります。

水を運ぶ人と経営計画書の伝達

末広がりの六、から取っています。

何か悩んだときには創業の理念や想いをもう一度思い出してみます。

・この会社が設立された初日の興奮はどうだったのか?
・この仕事に就きたいと思ったときの高揚感はどうだったのか。
・自分の成長を感じているのか?
・一生懸命生きているのか?
・環境に恵まれていると思えるのか?
・チャレンジしているのか?
・リスクをとっているのか?
・最近よく笑っていいるのか?
・この会社で自分の未来にワクワクできるのか?

創業当時には、金なし、コネなし、人なし、だったけど未来に向かってありとあらゆる希望だけがありました。無鉄砲な若者だったのを十分に知っているので、今でも無鉄砲な若者にはエールを送ります。
最初が裸一貫でやってきたのでいつでもゼロベースに戻れます、今まで出会って名刺交換した方でも5000人もいません。
小さな世界でがむしゃらにやればいい、いつも心に原点回帰求めれば自ずから力がわきます。

自分が未来にどうなりたいのか?経営者なので事業を成功させ会社を成長させたい、いい会社にしたい、みんなが夢を描きそして成長につなげてほしい、その結果として顧客満足は会社が成長すればそれでいい。
このへんは全くぶれません。

関連しているブログ記事一覧