ハインリッヒの法則


ハインリッヒの法則

その数値データに特徴があったために、ハインリッヒの法則と呼ばれているようです。ハインリッヒ氏の聞き取り調査の数値データは、次のようなものです。

   大規模      1件 (重傷者や死人が出たような災害)
   中規模     29件 (怪我といわれるような事故)
   小規模    300件 (ヒヤリとしたり、ハッとしたりしたこと)

このように数値に特徴があるので、ハインリッヒの法則とは言わず、1:29:300の法則と呼ぶこともあるようです。
経営者としての鼻が利くとか、匂いで感じるとか、なんとなく第六感的要素を重視するのは、このハインリッヒの法則を知っているから。

「これくらいのことたいしたことではないでしょう・・」

という要素が1つでも明確に見えると、その先には氷山の隠れた部分が眠っている感覚になります。
そういった感覚が大事なことと、また、細かい要素も重視するのは正にこの法則の帰結です。

逆の立場で「大丈夫かな・・」と思われないような信頼感も、この法則から。

関連しているブログ記事一覧