[盛和塾] 機関紙マラソン 131号


[盛和塾] 機関紙マラソン 131号

塾長理念

「うまくいく仕事というのはやる前から自信めいたもの、最終ゴールまで見通しがきき、自信めいたものがありいつか来た道」を歩いているようなイメージがわくものでなければなりません。イメージがわくものでなければなりません。

【気付き】

勝てる確信、はいろんな箇所にありますが、
それくらいの確信持てる自信は大事です。知ってる道、通った道をまた通るような余裕は大事。

塾長講話[第126回]

「私は個性も相当強いほうですが、根がシャイで、非常に恥ずかしがりの方です。朝礼に出てと演説をするのは好きではありません。しかし、何か言いたいことがあったら、その時はすさまじい迫力で話をします。

みなさんがそのような考えでは、次から次へ と新しい事業を始めても、敗残兵のように負けて帰ってきます。これでは会社は収拾がつかなくなってしまいます。本来であれば、一生懸命製品のことを考えて、製品のことを調べれば、 製品に対してどんどん愛着がわいてくるはずです。マーケットを見て冷静に考えてみても、自信が生まれてきます。それが私のやり方ですが、 傍目には非常に無謀な冒険に見えたことが全部成功しています。

営業のみなさんは商事会社の経営者として、 多くの従業員を抱えて、多くの事業を営んでいます。一方、製造側の事業部の人間は、メーカーサイドの社長として経営することになります。 その場合は、商社を使って売ってもらわなけれ ばならないので、みなさんとは少し立場が変わ ることになりますがいずれにしろ、自分が経営者だと思い、どうすれば製品が売れるかを必死 で考えるはずです。

「優秀な人材求む」と具体的なことを書いて、「高給で雇います」という広告を出してみて、大手にいる優秀な人材を引っ張らなければならないと思っています。 このような話をしていますと、みなさんは私が自分たちを無視して他の人材を求めているようで、寂しい気がしているかもしれません。しかし、このようなことをいつも話していれば、門前の小僧が成長してきて、今私が言った程度のことは五年後にはやれる人が次々に出ているはずです。今は誰もできそうにないとしても、一生懸命やっていけば、五年後にはできるようになる人がいるはずです。

【気付き】

塾長の営業に関する思考は的確で勝てる要素が入っています。
単純な休みなく働き続ける圧倒的な努力に加えて、観察力や思考発想が柔軟な部分も多いことに加えて、全部実行するので勝てるんだろうと思います。

不可能、面倒、ということは普通諦めますが向かい合い行動し続けることと、塾長が実際に旗を振って行動して結果を出した後に「こうやればええねや」と言っているんだろうと思うので、これをやる「スピード」と「実行力」だからこそ言えるんだろうと、そんな気がします。

もう1つは門前の小僧が成長するにはそういった環境に放り込むのと、全員は成長しないと認識することも大事、門前の小僧に響くようにと私などはブログを書いたりして情報発信しますがまだまだ。

塾長講話[第126回]

どうやって当社がITで教育分野に貢献できるのだろうか?」 ということを真剣に考え、大学の競争力を高 める為の機能を色々と考えはじめました。その一つとして、代返防止機能を追加したのですが、 このことがマスコミに大きく取り上げられ、当社製品を世に知らしめる結果となり、今では 四十以上の大学に採用されております。

【気付き】

前に母校の講演に行った際に30分授業したあとにカードリーダーで生徒が
ピッと出欠取っていて衝撃的でした。卒業から15年くらい経つとそんな感じなんだと思いましたが、やはり大学のニーズも日々変化です。

倉橋 純一 〈仙台〉 株式会社万代 代表取締役

今年で四十二歳になります。父は生粋の商売人でした。「人の三倍働いて人の二倍を稼ぐ」 というのが父の持論で、文字通り朝から晩まで働いていたと記憶しています。

【気付き】

そうです、「人の三倍働いて人の二倍を稼ぐ」 は別の社長も言ってました。
ハードワーク、そしてハードワーク。

引用

どんな経営者の方もそうだと思いますが、 私も最初は一人でしたので、全て自分でやりました。「資金繰り」「アルバイトの面接」「仕入」 「クレーム対応」「広報」。今に思えば、文字通 り夢中になって働きました。二十四時間 「三百六十五日お店以外の事を考えた事はありませんでした。毎日の売上に一喜一憂しながら夢中で経営し、なんとかお店は繁盛店となりました。

【気付き】

クレアネットも最初は一人、全てやるから全部見えます。確かユニクロ柳井さんも同じだったような、山口から1店舗目で今の場所まで。サイゼリア正垣さん、ココイチの創業者宗次さん、1店舗目成功のやり方をオペレーティングで拡大すれば勝利が続きます。オペレーティング。この勝利はくっきり見えます、勝ちやすいのかなと思います。

引用

お客様がヘビーユーザーとなり、彼らはお店の中、例えばレジの前などに勝手にたむろして、 自分達の大好きな商品のことを、飽きもせず何時間も話しています。そんなヘビーユーザー がいつの間にか店員と仲良くなってアルバイトで働くようになり、やがては社員に、そしていつかは店長に、という図式です。

【気付き】

まんだらけとかサッカーショップなんかも一緒かも、趣味からスタート。
クレアネットも似ています、仕事好きだから系で仕事結構やってます。

松下 剛 〈名古屋〉 株式会社MTG
小さな企業でも勝ち続ければ世界に挑むことができる

「メイドインジャパン」という旗印を掲げて、 美容業界でナンバーワンを目指すと決めてはみたものの、いったいどんな立ち位置で展開すれ ばうまくいくのだろうと模索する中ではっと気 付いたのが、「化粧品をつくるメーカーは、化粧 品はつくっていても機器はつくっていない。逆に、美容機器をつくっているメーカーは、機器はつ くっていても化粧品はつくっていない」という事実でした。

【気付き】

ニッチ市場の見つけ方。納得。

引用

「これも塾長が言われることと同じです。誰も が考える常識的なやり方で、われわれの規模に 応じたような考え方をしていたら大きなことは 成し遂げられません。まずは「絶対にロナウド にやってほしい」という強い思いが必要ですし、 だからこそ行動に繋がったのです。

【気付き】

上場時に所有株にロナウドとマドンナがいました、
株を渡す、究極的にここまでして説得した結果を認識しないといけません。

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65919962.html
MTGの海外販売は豊田通商さん、なんかも。

引用

これは、入社三年目、またはリーダクラス以上にしか配布していません。人間はお もしろいもので、読め読めと言われると、「いつ」 でも読める」となって読もうとしない。

【気付き】

これも納得。人はやるなと言われるとやらない。
会議も出なくていい、と言えば途端に興味をもつようになる。そんなものです。

引用

「ホームランは要らない。全部がバントヒットでいいから、まずは一人ひとりが確実 に塁に出る」という考え方を貫いてきました。 一塁に出る確率が上がってくれば、自ずと二型 打やホームランが出る確率も上がってくるはず」

【気付き】

まずは塁に出ること。
塁に出れば何かが変わる、そんな教育も素晴らしい。

現場主義を徹底的に体得し実践する
山本 道久 元京セラ株式会社 代表取締役副社長

稲盛社長は、リーダーである私に対して「サーディップ事業をどの山に登らせるつもりなのか」ということを問われていたのだと気づきました。
リーダーとして、サーディップ事業をどのような山、目標に向けて進ませたいのか。その目標は高い目標であるべきだが、それを目指すには、リーダーである私が目標に見合った、しっかりした「考え方」をもち、目標に向けての具体的な方法を提示する必要がある。

【気付き】

登るべき山を考えること。