ニッチなワードもビッグワードも SEO対策について

ロングテールSEO

ロングテールSEOとは、1ワードのみでは検索回数が少なく採算が取れないようなキーワードを広範に収集し、それらのワードに対して丹念にSEOをかけていくことで、ビッグワードに匹敵する検索母数やアクセスを稼ぐというサービスです。

ロングテールSEOとは

ロングテールSEOとは


ロングテールキーワードとは、例えば印刷関連のワードでいえば「印刷」や「印刷会社」などのメジャーなワードではなく、「ポスター印刷 A3」「名刺印刷 フルカラー 大阪市」などの、より絞り込まれた情報である複合ワードがメインとなります。


他にも「名刺印刷 フルカラー 大阪府」「名刺印刷 フルカラー 大阪」など検索時の細かい違いを全て積み上げて、1つ1つで上位を獲得するのがロングテールSEOの基本です。


ロングテールキーワードの検索回数は、「印刷」などのメジャーなワードの検索回数の数百分の一しかありませんが、逆に、SEO可能なキーワードを数百ワード集めることができれば、「印刷」の検索回数にも匹敵することになります。そしていったん、そのワードを探し出してしまえば、SEO激戦区の「印刷」よりも、はるかに容易に「印刷と同等の検索回数」を持つ数百キーワードで上位を獲得することができます。ロングテールSEOにおいては、このようなキーワードマーケティングがより重要な作業となります。

ロングテールSEOのメリット

ロングテールキーワードを検索するユーザーニーズ

ロングテールワードで検索するユーザーは自分のニーズをより明確に知っているため、ロングテールSEOをかけたページに検索ユーザーが流入した時に、ページで提供するとユーザーの求めるコンテンツとが高い確率でマッチします。
たとえば「印刷」だけで検索するよりも、「シルク印刷 絵画 大阪市北区」と検索するユーザーのニーズのほうがどういった悩みを解決したいのかニーズの高まりがわかります。

アクセスアップが安定的に可能

「印刷」などのワードにアクセスの大半が集中していると、Yahooのインデックス更新やアルゴリズム更新などで、大幅な順位変動があったときに順位下落による事業リスクが大きなものになってしまいます。その点、ロングテールSEOでは、数十・数百ワードで上位獲得しているため、インデックス更新やアルゴリズム更新があっても必ず何割かが上位に残り、 一定の安定的なアクセスを確保することが可能 です。

高い費用対効果

ロングテールワードは、検索回数の小ささからメインのSEOワードとしては扱われません。
したがって、多くの場合 「競合が一人もいない」 という競合がいない市場に進出することが可能になるのです。よって、上位獲得のために費やすべきコストが抑えられ、高い費用対効果を実現できます。

ロングテールSEOを考慮するには

ロングテールという言葉を聴いたことありましたか?
誰もが狙うビッグキーワードももちろん重要ですが、あまり検索回数が多くないであろうロングテールキーワードを積み重ねることも見込みユーザーを訪問させるための手段として有効です。


このようなロングテールSEOのご相談は「ロングテールSEO」専用サイトよりお願いします。

webに関するお悩みはSEO対策・ホームページ制作のクレアネットへ お見積り依頼 ご相談・お問い合わせ